プロジェクト「みんなの本棚」ワークショップ|河田将吾

空間とコミュニケーションの関係性を考え続ける建築家・河田将吾さんを迎え、プロジェクト「みんなの本棚」によって集められた本のための本棚を作る公開ワークショップ第二弾。2月には集めた家具を材料に、実際に本棚を制作しはじめ、3月にお目見えいたします。

 


講師|河田将吾(建築家)

日時|Part1_棚談      2012年11月9日(金)

   Part2_棚作    2013年2月20日(水)-24日(日) 

   Part3_棚開き 2013年3月31日(日)

 

 

 

講師プロフィール|河田将吾 Shogo Kawata

 

1977年鳥取県米子市生まれの建築家。京都工芸繊維大学卒業後、2003年にORPPS/河田将吾建築設計事務所設立。2009年チームラボオフィス株式会社設立。

リアル、バーチャルの垣根なく、コミュニケーションを重視した空間設計を展開。主な作品に、日本橋馬喰町の一軒家をインターネットを通じて集まった人でリノベーションした「mixiの家プロジェクト」、訪問者のお絵描きによってエントランスの壁面が変化してゆく「ピクシブオフィス」、隣人との壁に窓が開いている長屋「住民みんなが仲良くなる家」など。

空間をメディアとして捉え、ハードだけではなくソフトを含めた空間提案を行う。