008 原万希子|場所、状況、アート:バンクーバーのダウンタウンイーストサイドと横浜の黄金町の例から

カナダのバンクーバーを拠点にインディペンデント・キュレーターとして活動してこられた原万希子さんを迎え、横浜の黄金町やバンクーバーダウンタウン・イーストエンド地区などいくつかの事例を元に、それぞれの場の社会的、歴史的状況に対応する展覧会の作り方についてお話いただきます。

 

日時|2014年10月14日(火)19:00-21:00

定員|30名(先着順)

料金|無料

 

 

 

 

 

 

 

講師プロフィール|原万希子 Makiko Hara|インディペンデント・キュレーター

 

東京出身、現在カナダのバンクーバー在住。2007-13年までバンクーバー国際アジアコンテンポラリーアートセンターのキュレターを勤め、国内外のアーティストと数々の展覧会や、アートプロジェクトを企画、実施する。今年、黄金町バザール2014、仮想のコミュニティー・アジア展のゲストキュレターで横浜滞在中。